インレー・コンポジットレジン

湘南美容歯科大阪心斎橋院TOP > インレー・コンポジットレジン

インレー・コンポジットレジン

銀歯を使わない、自然な見た目の詰め物

インレーとコンポジットレジンは奥歯を虫歯などで削った際に使われる方法です。当院で扱うセラミックインレーやコンポジットレジンは見た目がとても自然な仕上がりになるため、銀歯だと見た目が気になる方にオススメです。
インレーとは、歯の欠損部分に入れる詰め物のことです。虫歯で歯を削った際などの穴埋めとして使われます。
詰める素材にもっとも歯の質感に近いといわれるセラミックを使うことで、とても自然な歯になります。
欠損部が中程度の場合に使われます。 コンポジットレジンとは、現在広く普及している方法で、樹脂製の歯の修復用素材のことを指します。詰め物や、欠けた歯の修復、すきっ歯の治療などに用いられます。歯をほとんど削らず、短期間での治療が可能です。
欠損部が小さい場合に使われます。

セラミックインレーとは

歯の欠損が中程度の場合に使われます。
セラミックで作った白い詰め物を、欠損部に詰める治療法です。
セラミックはもっとも歯に近い素材といわれる質感を持っており、詰め物が目立たずとても自然な白い歯に仕上がります。
また、硬すぎることもないため、かみ合わせる歯をすり減らす心配もありません。金属アレルギーの方でも安心してお選びいただけます。

セラミックインレーの特徴

  • 歯に近い質感で、詰め物が目立たずとても自然
  • 変色せず、歯茎に影響を及ぼさない
  • 歯に近い程良い硬さのため、かみ合わせの歯を傷つけない
  • 歯としっかり適合し、虫歯ができにくい

こんな方におすすめ

  • 中程度の大きさの金属の詰め物を自然な色で修復したい方
  • 金属アレルギーが心配な方
  • 銀歯では見た目が気になる方

コンポジットレジン(CRF)とは

歯科治療でよくつかわれる素材で、無機物に、耐磨耗性を高めるために合成樹脂を加えています。小程度の欠損を埋める際に使われます。
虫歯で削った歯に詰めるだけでなく、欠けた歯の修復や、すきっ歯の治療にも使われます。
以前は耐久性に欠けること、変色しやすいことなどデメリットもありましたが、技術の進歩により大きく改善されています。

コンポジットレジン(CRF)の特徴

  • 比較的安価で治療可能
  • 色の種類を選べ、自分の歯に合う色に合わせられる
  • 1回の治療で完了

こんな方におすすめ

  • 銀歯をやめ、白い歯を取り戻したい方
  • 安価で自然な歯にしたい方
  • 短期間で治療したい方

インレー・コンポジットレジンの関連ページはこちら

診療項目一覧

  • セラミッククラウン
  • ホワイトニング
  • ラミネートべニア
  • インレー・コンポレットレジン
  • クリーニング
  • 歯肉整形
  • 歯茎のホワイトニング
  • 歯周病治療
  • エステティックデンチャー

今井医師SNSアカウント一覧

  • ブログ
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • インスタグラム
  • youtube

小岩医師SNSアカウント一覧

  • ブログ
  • ツイッター
  • インスタグラム
  • youtube

立川医師SNSアカウント一覧

  • インスタグラム

石医師SNSアカウント一覧

  • フェイスブック
  • ツイッター
  • インスタグラム

佐々木医師SNSアカウント一覧

  • インスタグラム

心斎橋院SNSアカウント一覧

  • 心斎橋スタッフブログ
  • フェイスブック
  • インスタグラム
  • ライン